矢沢あい病気は何?2022年現在漫画は復帰するの?

yazawaai-hukki




「天使なんかじゃない」「ご近所物語」「パラダイスキス」「NANA」など大人気の少女漫画家、矢沢あい先生。

矢沢あい先生は2009年に体調不良のため漫画の連載をストップし、2022年現在まで13年休載しています。

矢沢あい先生の病気は何なのでしょうか?

また、休載から13年たった2022年現在「矢沢あい展」が開催されていることから、ファンの間では復帰間近ではないかと期待が高まっています。

そんな矢沢あい先生の病気が回復したのか調査したのでご紹介します。

目次

矢沢あいの病気は何?

矢沢あい先生は2009年7月号で連載中だった漫画「NANA」が雑誌Cookieで発売されて(2009年6月)以降は、体調不良を発表。療養のため連載をストップし、現在2022年まで13年休載しています。

この時、病名は明らかにされないままだったため緊急入院したなどと報じられ重病説が流れたこともありました。

休載から10か月後、「女性自身」2010年5月4日号の雑誌では、

「『NANA』矢沢あい独占告白闘病10カ月」と題した記事を掲載。

婦人系の心と体の病院からタクシーで戻ってきた矢沢あい先生にインタビューし、先生は以下のように答えています。

同居恋人はどうしているのか? 闘病中の矢沢さんを看病しているのか? 彼のことを矢沢さんに質問すると。

 

「ああ、彼は元気です。彼も『気長にやっていこう。体を治せば、また好きなマンガが描けるから』って私を支えてくれています。どんな病気かいっさい言ってないせいで、皆さん心配してくださっているみたいなんですけどね。決して治らない病気にかかっているわけではないんです。なので、どうか私に時間をください。『気長に治療をすれば、少しづつ回復していく』と、医者の先生もおっしゃってくださっているので。この矢沢あいを信じて、ファンの方には見守っていただければなと思っています」

引用:女性自身

同居恋人とは先生が18歳の頃から30年以上にわたってお付き合いされている方のことです。

矢沢あい先生は、毎日睡眠時間が2時間という過酷な状況で漫画を描いていて倒れ、すぐに再開しまた倒れた経験があったとか。

 病気についての明言はしてないけど、漫画がかけるようになるために回復をめざしているということですよね!

SNS上では、以下のような説があります。

  • うつ病説
  • 婦人科系の病気説
  • 重病説

矢沢あい先生のお話からもわかるように治療は時間が必要だけど回復していく病気のようですね!

矢沢あいの病気は何?キャラクターを友人の様に愛する人

2022年8月発売のダヴィンチでは、他の漫画家の先生から”実在する友人の様にキャラクターを愛する”人だといわれています。

矢沢あい先生の描く漫画のキャラクターは、誰も完璧ではないからこそとても魅力的で感情がリアル。

休載直前のストーリーは読者でも悲しすぎてゆううつになってしまうほど壮絶な内容…。
そんなキャラクターたちの感情と向き合いながら漫画を描いていたのかと思うとかなり大変な作業だったのではないかと思えますよね…

ヤスはかなり完璧だけど…

ダヴィンチでは他にも矢沢あい先生についての特集が25ページもあり、現在開催中の矢沢あい展についても書かれてありました。

ダヴィンチはAmazonの本読み放題kindle unlimitedで、無料で見放題できます。

キンドルアンリミテッドに入ってる人は無料で読んでみてくださいね~

キンドルアンリミテッドは、初回30日無料なので登録して30日たつ前に即解約しても30日間無料で楽しむことができますよ~!

じつは、かなり前1年とか2年前に試したことがある人でもまた無料で試せたりします♪
今無料で試せるか確認したい人はこちらで無料内容が表示されるか確認して下さいね。

無料だけ試したい人は、忘れる前にすぐに退会手続きをしておいてOKなのでこちらオススメです。

\30日無料で漫画・雑誌・書籍が読み放題/

Kindleインディーズマンガ2022年上半期ランキング

▶▶矢沢あい2022会場の様子やみんなの反応はこちら

矢沢あい2022年休載中の現在までの活動内容

矢沢あい先生は、13年の休載中に全くお仕事をされていないわけではありません。

2017年 JUJUさんの「いいわけ」ムービーイラスト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • コメントおよびご指摘頂きありがとうございます。
    おかげさまで訂正させて頂くことができました。
    今後はミスのないよう改めて確認していきたいと思いますので、よろしければまたご覧頂けますと幸いです(*^^*)

コメントする

目次