MENU

北京オリンピック2022スピードスケート日本代表選手と日程を紹介

2022 2/10
北京オリンピック2022スピードスケート日本代表選手と日程を紹介

北京オリンピック2022の開幕がいよいよ明後日2/4と迫ってきました!

Twitter

開催地は中国の北京ということなので時差もあまりないためリアルタイムでテレビで楽しむことができそうですよね♪

冬季オリンピックで人気の競技「スピードスケート」の日本代表選手のメダルをめぐる戦いに大注目ですね。

北京オリンピックスピードスケート日本代表選手と日程をご紹介します☺

目次

北京オリンピック2022スピード日本代表選手

ではさっそく日本代表選手を紹介しますね!選手からのメッセージもあるのでぜひ見てみて下さいね~☺

日本代表選手 男子

では、日本代表選手男子を紹介します。

森重航(もりしげわたる)

W杯初参戦の21年500メートルで初勝利含む3度の表彰台。

出身地北海道
生年月日2000/07/17
所属専大
出場予定種目500メートル

村上右磨(むらかみゆうま)

100メートルの通過タイムは抜群の速さを誇る。新型コロナウイルスの影響で国内転戦を強いられた2020~21年シーズンは、日本記録保持者の新浜を抑え、全6大会中5度の優勝を果たした。

出身地北海道
生年月日1992/12/12
所属高堂建設
出場予定種目500メートル

小田卓朗(おだたくろう)

2大会連続の代表。18年平昌五輪1000メートル、1500メートルで5位。

出身地北海道
生年月日1992/07/13
所属開発計画研究所

新浜立也(しんはまたつや)

20年の世界選手権スプリント部門で日本男子2人目の優勝。日本記録を持つ500メートルはW杯8勝。

出身地北海道
生年月日1996/07/11
所属高崎健康福祉大職
出場予定種目500メートル

土屋良輔(つちやりょうすけ)

出身地群馬県
生年月日1994/11/29
所属メモリード

一戸誠太郎(いちのへせいたろう)

2大会連続の代表。18年平昌五輪団体追い抜き5位。

出身地北海道
生年月日1996/01/25
所属ANA
出場予定種目1500メートル
5000メートル
団体追い抜き

小島良太(こじまりょうた)

出身地長野県
生年月日1998/05/11
所属エムウエーブ

日本代表選手 女子

続いて女子選手のご紹介です。

佐藤綾乃 (さとうあやの)

2大会連続の代表。18年平昌五輪団体追い抜き金メダル。21年W杯1500メートルで3度表彰台。

出身地北海道
生年月日1996/12/10
所属ANA
出場予定種目1500メートル
3000メートル
団体追い抜き
マススタート

郷亜里砂 (ごうありさ)

2大会連続の代表。18年平昌五輪500メートル8位。

出身地北海道
生年月日1987/12/12
所属イヨテツク
出場予定種目500メートル

押切美沙紀(おしぎりみさき)

3大会連続の代表。

出身地北海道
生年月日1992/09/29
所属富士急
出場予定種目1500メートル
5000メートル
団体追い抜き

小坂凛 (こさかりん)

出身地北海道
生年月日2001/12/19
所属三重県スポーツ協会

堀川桃香 (ほりかわももか)

出身地北海道
生年月日2003/07/10
所属北海道・白樺学園高

小平奈緒 (こだいらなお)

4大会連続の代表。18年平昌五輪500メートル金メダル、1000メートル銀メダル。10年バンクーバー五輪団体追い抜き銀メダル。19年世界スプリント、20年世界距離別500メートルで2度目の優勝。

出身地長野県
生年月日1986/05/26
所属相沢病院
出場予定種目500メートル
1000メートル
1500メートル

高木菜那 (たかぎなな)

3大会連続の代表。18年平昌五輪マススタート、団体追い抜きで金メダル。高木美帆は妹。

出身地北海道
生年月日1992/07/02
所属日本電産サンキョー
出場予定種目1500メートル
3000メートル
5000メートル
団体追い抜き
マススタート

高木美帆 (たかぎみほ)

3度目の代表。18年平昌五輪団体追い抜き金メダル、1500メートル銀メダル、1000メートル銅メダル。1500メートルは世界記録保持者。18年世界選手権で日本勢初の優勝。20年の世界選手権スプリント部門も制した。

出身地北海道
生年月日1994/05/22
所属日体大職
出場予定種目1000メートル
1500メートル
3000メートル
団体追い抜き
Twitter

北京オリンピック2022スピードスケートの日程と開催地はどこ?

北京オリンピックの日程と開催地についてご紹介します♪

北京オリンピック2022スピードスケート開会式、閉会式、開催地は?

北京オリンピック2022の開催地と日程は以下の通りです。

開会式2022年2月4日

閉会式2022年2月20日

17日間の開催となります♪

開催地北京(中国)

たちママのアイコン画像たちママ

日本と中国の時差は1時間なのでリアルタイムで楽しめそうですね

スピードスケート全日程は?

スピードスケートの全日程ってはこちらです。

開催日… 2/5(土)~2/19(土)

日程時間種目
2月5日(土)16:30女子 3000m
2月6日(日)16:30男子 5000m
2月7日(月) 16:30 女子 1500m
2月8日(火) 18:30 男子 1500m
2月10日(木) 20:00 女子 5000m
2月11日(金) 16:00 男子 10000m
2月12日(土) 16:00 女子 団体追い抜き1回戦
2月12日(土) 16:53 男子 500m
2月13日(日) 21:00男子団体追い抜き1回戦
2月15日(火) 14:30 女子 団体追い抜き決勝戦
2月15日(火) 14:52 男子 団体追い抜き決勝戦
2月15日(火) 15:24女子団体追い抜きファイナルD
2月15日(火) 15:30 女子団体追い抜きファイナルC
2月15日(火) 15:43 男子団体追い抜きファイナルD
2月15日(火) 15:49 男子団体追い抜きファイナルC
2月15日(火) 16:22 女子団体追い抜きファイナルB
2月15日(火) 16:28 女子団体追い抜きファイナルA
2月15日(火) 16:41 男子団体追い抜きファイナルB
2月15日(火) 16:47 男子団体追い抜きファイナルA
2月17日(木) 16:30 女子 1000m
2月18日(金) 16:30 男子 1000m
2月19日(土) 15:30男子マススタート1回戦
2月19日(土) 15:45 女子マススタート1回戦
2月19日(土) 16:30 男子マススタート決勝
2月19日(土) 17:00 女子マススタート決勝

この記事を書いた人

イラストレーター/YouTube30万回視聴
先日始めたYouTubeが30万回視聴達成♪アイコン作成など色々やってる姉妹のママ
育児漫画/音声配信など様々なことに挑戦しています!

コメント

コメントする

目次
閉じる